一言で断れる。〜電話営業の対処法〜

こんにちは!Nino Fellows Clubの営業コンサルタント二井野です。本日は、断り方の処世術を1つ。日本人は、優しいので断るのが他国の人に比べ苦手です。海外なんかでモノを売られると特にそうですね。私の営業をしていた経験、そして営業をされる側の経験から一言で、スッキリ、嫌な思いをせず、断れる処世術を1つご紹介します。

最近、私にかかってくる、登録していない電話の1位が不動産売買の営業電話です。巧みに資産運用などと言って電話がかかってきます。その時に30秒以内で必ず、お断りして、電話を切ることができます。流れはこんな感じ。

相手「こんにちは!〇〇様のお電話ですか?東京都の△△という会社の▼▼と申します」

相手「この度は、会社員の方向けの資産運用の…..」

私「不動産売買のお話ですか?」

相手「はい。。」

私「ごめんなさい。同業種なんです。」

相手「あっ!そうですか!」

私「すいませんね。結構です。」

相手「はい。失礼します。」

と、毎回こんな感じで、終わります。内容や手法を把握している同業種にモノは売れませんよね。ご年配の方は、少し応用をして、

「主人が、同業種なんです。ごめんなさいね。」
「息子が、同業種なんです。ごめんなさいね。」

こんな感じです。嫌な思いもせず、何もなかったかのようにいつも終わります。不要な電話営業を断る際には、試してみて下さい。少しだけ、ストレスが減ればと思います。本日は、ここまで。二井野でした。